家電&カメラ/ 文房具・オフィス用品/ ホーム&キッチン/ スポーツ/ ヘルス&ビューティー/ コスメ/ 服&ファッション小物/ 靴&鞄

2017年05月01日

わたしたちが少女と呼ばれていた頃 著者/石持浅海

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】

石持浅海/ ミステリー/ ベストセラー/ わたしたちが少女と呼ばれていた頃/





『舞台になった場所』 神奈川県横浜市中区石川町


横浜の女子高、
特進クラスの
美少女と
上杉小春は
友達になった。

名前は碓氷優佳。
クラスの何気ない
日常に埋もれた謎を、
知的ミステリアスな
才女が解き明かす。

青春ミステリー小説。




わたしたちが少女と呼ばれていた頃 (祥伝社文庫)


【書評・評論・意見・コメント】

◆ 村上貴史さん(書評) 

−まさに絶品、粒ぞろいとしかいいようのない短編が並んでいるのである。−
村上貴史/  石持浅海/
「わたしたちが少女と呼ばれていた頃」解説より抜粋




posted by 電の牛 at 23:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック