家電&カメラ/ 文房具・オフィス用品/ ホーム&キッチン/ スポーツ/ ヘルス&ビューティー/ コスメ/ 服&ファッション小物/ 靴&鞄

2007年12月29日

天使の耳(改題:交通警察の夜)−捨てないで− 著者/東野圭吾

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容】

天使の耳/ 新参者/ 仮面山荘殺人事件/ 手紙/ 天空の蜂/ 秘密/ 白夜行/ 放課後/ 容疑者Xの献身/ 黒笑小説/ さまよう刃/ 東野圭吾/ ミステリー/ 他のベストセラー

東野圭吾/ ミステリー/ 本・アニメ・音楽・映画・興味カテゴリ別INDEX(索引)



他の東野圭吾作品レビュー

東名高速を運転する白のボルボの窓から放り投げられたものは、コーヒーの缶だった。

缶は後方を走っていた深沢伸一の恋人、助手席に座っていた田村真智子の左目を直撃してしまう。

急いで病院の治療室へ運び込まれた真智子だったが、担当医は事態が深刻であることを深沢に告げた。

深沢は、前方を走っていた車の色と車種を記憶していた。

真智子が目撃したものと併せて、缶を投棄した人物像に想像をめぐらせ、一つの仮定を導き出す。

その頃、ボルボの主である斎藤は不倫相手の春子と、アリバイ工作を含む完全犯罪を計画していた。



天使の耳

白夜行 (集英社文庫)
秘密 (文春文庫)
仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
手紙 (文春文庫)


意図せずに報復は完成したというオチが小気味よい。読んでいて松本清張の『青のある断層』を思い出した。

でも、本当のところは“空缶のポイ捨てはやめましょう”というオチなのかなと思うと、東野圭吾という作家のバリエーションの多さに感心してしまう。

改題:『交通警察の夜』

他収録は『天使の耳』『分離帯』『危険な若葉』『通りゃんせ』『鏡の中で』


posted by 電の牛 at 18:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75336759
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

東野圭吾『天使の耳』
Excerpt: 天使の耳講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『天使の耳』を紹介します。本書は、身近な交通事故を題材とした短編集です。意外とドキッとするなあという印象はあります。どうにでも転がっていくから..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-07-29 17:55