家電&カメラ/ 文房具・オフィス用品/ ホーム&キッチン/ スポーツ/ ヘルス&ビューティー/ コスメ/ 服&ファッション小物/ 靴&鞄

2019年12月10日

その女アレックス ピエールルメートル

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】




アレックスは何者かに拉致されると、体を木箱の中に押し込まれて宙吊りにされてしまう。

誘拐した男はアレックスに恨みを持つ様子で、明らかに彼女を狙った犯行であった。

男に見覚えがあるアレックスは、身動きの取れない檻の中で徐々に衰弱してゆく。

薄れゆく意識とたたかい必死に脱出を試みるアレックス。

彼女の死を願う男は何者か?アレックスとは何者か?二転三転する衝撃の事実が待ち受ける。





その女アレックス (文春文庫)



【書評・評論・意見・コメント】

◆橘明美さん(作家)
 

ー誘拐事件で始まった物語は様相も次元も異なる事件へと発展し、読者を乗せた船は大きく舵を切る。ー

橘明美/ ピエールルメートル/ ミステリー/
「その女アレックス」訳者あとがきより抜粋


posted by 電の牛 at 21:03| 神奈川 ☁| ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毒入りチョコレート事件 アントニー・バークリー

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】




作家のロジャー・シェリンガムを筆頭とするクラブ「犯罪研究会」は、スコットランドヤードから持ち込まれた未解決事件の解明を同クラブのメンバーたちと議論する。

弁護士や、作家の職業につく会員たちは、それぞれの検証を交えて命名の推理を展開すると、犯人を予想して絞り込む。

真相はいかに?





毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)



【書評・評論・意見・コメント】

◆中島河太郎さん(ミステリー文学評論家)
 

ー一つの事件に六つの推理と解決とを提示してみせた技倆はみごとは見事である。ー

中島河太郎/ アントニー・バークリー/ ミステリー/
「毒入りチョコレート事件」解説より抜粋


posted by 電の牛 at 20:56| 神奈川 ☁| ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェリーフィッシュは凍らない 市川憂人

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】




次世代型ジェリーフィッシュ(小型飛行船)を開発したファイファー教授と関係者を乗せた試験機は、長距離航行中に不可解な殺人事件の惨劇に見舞われる。

不時着した船からは全焼した六体の遺体が出たが、詳細は不明。フラッグスタッフ署の刑事たちが捜査を開始する。





ジェリーフィッシュは凍らない (創元推理文庫)



【書評・評論・意見・コメント】

◆千街晶之さん(ミステリ評論家)
 

ー図書新聞のインタビューでは、意識していたのはクリスティーより綾辻行人の「十角館の殺人」だったと言うことなので、本書は「21世紀版十角館の殺人」と呼ぶほうがふさわしいかもしれない。ー

市川憂人/ 千街晶之/ ミステリー/
「ジェリーフィッシュは凍らない」解説より抜粋


posted by 電の牛 at 20:41| 神奈川 ☁| ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする