家電&カメラ/ 文房具・オフィス用品/ ホーム&キッチン/ スポーツ/ ヘルス&ビューティー/ コスメ/ 服&ファッション小物/ 靴&鞄

2020年03月28日

奇跡の男 泡坂妻夫

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】




他の泡坂妻夫の作品レビュー

宝くじで高額当選した奇跡の男。

ライターの百合子が調べてみると、男は世間を賑わした「バス事故」唯一の生還者でもあるという。

百合子は現場に残された遺留品から、あるとんでもない真実を手繰り寄せる。

「奇跡の男」「狐の香典」「密会の砦」「ナチ式健脳法」「妖異蛸男」を収録。



>

奇跡の男 (徳間文庫)


【書評・評論・意見・コメント】

◆福井健太さん(書評家)
 

ー高みを極めた粋人の闊達さだけが辿り着ける「仙境」がここにはある。ー

福井健太/ ミステリー/
「奇跡の男」解説より抜粋


posted by 電の牛 at 23:23| 神奈川 ☔| ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電の神様 阿川大樹

【あらすじ・ネタバレ・感想・内容・ストーリー】




他の阿川大樹の作品レビュー

それぞれの人生を乗せた満員電車が人身事故を受けて停車する。

奥さんのいる病院へ急ぐ女装男。ブラック企業思しき職場で馬車馬の如く働く忙しすぎる会社員。

父の死を覚悟する理髪店の息子。複雑な家庭で育った異色の脚本家。

絵を描くことが好きで、成り行きからリストカットした女の子。かつての命の恩人を待ち続ける駅の店員。

終電の遅れは関係者にとって分岐点となる短編集。

「第一話 化粧ポーチ」「第二話 ブレークポイント」「第三話 スポーツばか」

「第四話 閉じない鋏」「第五話 高架下のタツ子」「第六話 赤い絵の具」「第七話 ホームドア」





終電の神様 (実業之日本社文庫)

posted by 電の牛 at 23:08| 神奈川 ☔| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする